スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10弾カード考察!

こんにちはー、朱鷺影です。
成績確認日を直前に控え、前期のがどれだけ単位を取れたのかビクビクしている状況です。

この結果が後期、どれだけ頑張らなきゃいけないかに直結しますからねー。
出来れば気楽に出来る範囲ならいいんだけど………


前回の記事にあったように今回はVISION新弾『霊峰の魔獣』のカードの考察を何枚かやろうと思います。9弾みたいに投げっぱなしにしないよ!w
新弾が発売されてから2週間、使ってみたいと思ったカードがどのような感じか、少しだけ把握できましたからねー。


ということで、詳しい考察は追記からー。


さてさて、それでは考察していきますよー。
まずはキャラクターカードから。


[キャラクターカード1枚目]
小兎姫
GRAZE (1)/Nord (2)/Cost (1) 種族:人間
先制
(自動β):〔このキャラクター〕はプレイされて場に出た場合、裏向きになり相手プレイヤーの場に移る。以後、このカードは以下の効果を持つキャラクター「小兎姫(GRAZE1、3/2、種族:人間)」として扱う。
「(自動β):〔あなたの場のキャラクター全て〕は攻撃を行うことは出来ない。
 (自分ターン)(3):〔このキャラクター〕を表向きにし、相手プレイヤーの場に移す。」
攻撃力 (3) / 耐久力 (2)
「あぁ、あなたの弾幕も美しいわ。すてき」
No.788 Illustration:SHO


幻想郷のおまわりさんです。初出は旧作の「東方夢時空」ですねー。
ぶっちゃけ、イラストアドが半端ないカードです。旧作キャラなのでそこまで有名じゃない故に、初見の人が見たら本当にただのお姫様と勘違いするレベルで。何度も言いますが、おまわりさんです。お前みたいな(ry
今回のお気に入りカードの1枚です。初見で効果を見ないままハイランダーデッキにぶっ込んだくらいですからね~w んで、後で効果を読み返して強さに気づくという。

効果は簡易攻撃ロックですね。場に出たとき、裏向きで相手の場に移ってそれ以降は相手プレイヤーの場にいる限り、相手の攻撃を制限し続けます。
裏向きの状態の時、「」内の効果を得るので、相手が3コスト払って自分の場に返してきた場合は効果がなくなります。

まず、特筆すべきはノードの軽さ。ノード2は貯めようと思えば1ターンで貯めることが可能ですので、仮に相手が速攻タイプのデッキでも返しのターンで攻撃ロックを出来る点は優秀です。
効果で攻撃ロックを抜けようとした場合、3コストを要するのも利点ですね。速攻デッキは序盤にノードを多用するので出来る限り、ノードを使いたくないのです。その点から、簡易的にノードロックをかけることが出来るとも考えられます。
戦術の先制を持っているのもいいですね。戦闘力3、先制といえば意外と厄介なキャラですから。相手の場にいるときは戦術が消えているのでこちらから攻撃する際は攻撃しやすいというあたりも優秀かな?

欠点として挙げるならば、今の環境、普通にジェラシーが入っているために3コスト払わなくとも攻撃ロックを解除することが可能なことです。また、裏向きのまま送り返されるとこちらが攻撃できなくなるというデメリットをくらうハメになりますね。
自分の場に戻ってきたとき、他にメリットとなる効果を持っていないことも少し弱いかな。なんだかんだで自分の場で効果が使えるキャラは使い勝手がいいですから。

ということで、弱くはないけど相手の動きによって挙動が変わってしまう受動的なカードという面を考えると使いづらい、という感じですね。
さて、それでは2枚目ー。



[キャラクターカード2枚目]
嫦娥
GRAZE (0)/Nord (-)/Cost (-) 種族:人間
伝説 耐性:幽霊
(自動α):〔あなた〕はダメージを受けない。
(自動α):〔このキャラクター〕は他のカードの効果で決死状態にならない。
攻撃力(0) / 耐久力(3)
「…」
No.819 Illustration:Dai


月に幽閉されているお姫様だったかな。初出は「東方儚月抄 ~ Cage in Lunatic Runagate.」ですね。
もともとは中国の神話上の人物で、確か中国のスペースシャトル計画にもその名を冠してましたね。あと、確か玉兎たちがお餅付いている理由も嫦娥の罪の贖罪のためだったはず。
これを初めて見たときはうれしいというよりも驚きましたよw まさか嫦娥というマニアックどころを持ってくるとは思ってもいませんでしたからw

効果はまー、なんていうか豪快な感じですw
まず、自分はダメージを受けないという効果。維持コストの無い大将棋のようなものですね。効果、戦闘ともにダメージ無効なのでぶっちゃけ、攻撃されようがなにされようが放置できるという。
このカードを厄介にしているのは2個目の効果かな。効果で決死状態にならないというのはかなり強い。戦闘で決死状態にしようにも嫦娥が出ていればガードする必要がないので戦闘に持ち込めないですし。

特筆すべき点としては、まあ、先に上げた2点による場持ちの良さ。それによって生じる硬直かな。
ジェラシーなどは決死状態なのでこのキャラを消すことができません。なので、ジェラシーに除去を頼っているビートデッキはこのカードが出た時点でほぼ詰みです。
また、ノードとコストが「‐」、ということも上げられるかな。普通にプレイが出来ないので別の手段で出さなければいけないのですが、逆にいえば奇襲性を有する、とも取れます。

欠点も「決死状態にならない」ということです。別に決死状態にしなくても今の環境、どうにかする方法はいくらでもあります。恐ろしい波動、鳳蝶紋の死槍などの破棄効果、壱符紫などの除外効果、耐久力を0にされた場合の耐久力決死(効果決死のようですがこちらはルール決死ですね)、そして離反工作などで奪われるなど隙は多いですので。

まあ、出せたら対策法がなければ勝ちという時点で強いですけどねw 面白いカードというのが素直な感想かな。メインで使うとしたら耐久、ライブラリーアウト狙いになるかと。
次はスペカ1枚目ー。



[スペルカード1枚目]
新難題「エイジャの赤石」
Nord(5)/Cost(3) 術者:蓬莱山 輝夜
【装備】 先制 抵抗(3)
(自動α):〔このキャラクターにセットされている「エイジャの赤石」〕は他のカードの効果によって破棄されない。
(自動α):〔このキャラクター〕は「戦闘修正:+X/+X」を得る。Xはこのキャラクターにセットされているカードの枚数に等しい。
(自動γ):場のカードが破棄された場合、〔あなたのデッキの上のカード1枚〕を〔このキャラクター〕にセットする。
攻撃力(+2)/耐久力(+2)
結晶内で光が数億回も反射し、莫大な光エネルギーを放出する宝石。
No.842 Illustration:鳥居すみ


着々と増えている姫様の難題シリーズです。エイジャの赤石というとジョジョのイメージが(
赤石というとルビーとか辺りなのかなぁ。けど光を数億回反射させて莫大なエネルギーを出すっていうと相当純度高くないといけないし。きっとそこらへんも含めての難題なんだろう。

さて、効果ですが。
まずは装備自体の破壊防止効果。抵抗もあるので場にはすごく出しやすいですね。
次は戦闘修正。これは直接、次の効果に関係があります。
ということで、最後の効果。場のカードが破棄されるたびにこのカードにデッキからカードをセットするという効果です。つまり相手を倒したり、自分の場のキャラが倒されたり、場のカードが破棄されるたびに強くなる、他の屍を越えていく感じのカードです。
そして、そもそも戦術・先制と戦闘力・+2/+2修正をうけるので普通の装備カードとみても優秀な部類だと思います。

特筆すべき点はまず基本的戦闘力の大幅な底上げです。戦闘において、先制というのは大きなメリットになりますし、また戦闘修正も決して低いものではないので。
また、戦闘修正の方は幽々子&妖夢チームの弱化バージョンとも取れます。燐禍術などを使えば簡単に戦闘修正を得られますのでそこらへんもメリットですね。

欠点としてはまず、キャラを守る必要性があること。まあ、これはどの装備カードにも付きまとう欠点ですね。このカードはその欠点さえ乗り越えられれば強い、という点がありますが。
そして、このカードを付けたキャラクターの攻撃を相手はガードしないであろうこと。誰だって負ける戦闘に基本的にはキャラを消費したくないですし。

ということで運用するためには一工夫必要かな。少女密室なんかは相性がいいかと思います。ジェラシーやらの除去カードを別のキャラに移せて、さらにその除去によって破棄が出るので、結局戦闘修正を得られますから。
さて、それじゃあスペカ2枚目ー。



[スペルカード2枚目]
不滅『フェニックスの尾』
Nord(5)/Cost(3) 術者:藤原 妹紅
以下の効果から1つを選んで解決する。
1.〔あなたの冥界にあるキャラクターカード1枚〕をあなたの場にスリープ状態で出す。次のターンの終了時まで、この効果で場に出たキャラクターの耐久力は1に変更される。
2.目標の〔「種族:幽霊」を持つキャラクター1枚〕を決死状態にする。
不死鳥の尾には死者をも立ち直らせる力がある。
No.843 Illustration:duca


輝夜ときたので次は妹紅のスペカです。未だにこのスペカは安定して抜けることができませんねー。永夜抄Exの妹紅の他の弾幕に比べたら簡単な方だとは思うのですが………
元ネタはよくある蘇生アイテムです。ドラクエなら世界樹の葉、FFではこれがそのまま使われてたはず。

効果は1つ目は蘇生効果。2つ目は特定種族決死効果ですね。
1つ目の効果は冥界からどんなキャラでも蘇生できるという効果ですね。ただし、同時に耐久力が一定の間、1になってしまうので他の蘇生カードよりリスクがあるかな。
2つ目の効果は種族・幽霊を決死にさせる効果。これを見て思ったこと。

「西行妖を燃やせってことやな………」

いや、冗談抜きでそう思いましたw 

さて、特筆すべき点としては何でも蘇生できる点です。「何でも」蘇生できる点です。例えば本来、ノードとコストがない―そう、嫦娥とか。
冗談で言っているようで実はこれ結構厄介なんですよね。カードの効果で決死にならに故に耐久力が減るという点をものともしませんから。
2つ目の効果も弱くはありません。実はこのカード、アイコンが選択式なので状況によって使い分けが出来るという点も利点です。

デメリットとしてはやはり、蘇生した場合の耐久力低下ですね。不意打ちなどを食らえば一貫の終わりですから。それ故に蘇生対象としては目標になりにくいキャラや、効果ダメージ耐性を持っているのを引っ張り上げた方がいいですね。
スペカであるが故のデメリットもあります。スペカ蘇生系でスリープで出た場合、相手ターンを1回経由しなければならないのでどうしても除去されやすいのです。ここら辺はリザレクションにも言えるデメリットですのでM.I.Wはいいカード調整がなされてるな、と思っちゃいますがw
2個目の方も種族が限られているというのは少しきついですね。ただ最近、種族:幽霊持ちに厄介な能力を持つのが増えたので悪くはないかと。

このカードも使いこなせば強いカードですねー。1枚のカードで複数の効果があるというのはなんだかんだ便利ですし。
ということで、次ー。



[コマンドカード1枚目]
裏取引
Nord(2)/Cost(1)
【自分ターン1枚制限】
〔あなた〕は2ドローする。その後、〔あなたの手札1枚〕を破棄する。
「どうも地下には温泉が湧いてるらしいよ」
「へぇ、そいつは面白そうだな」
No.860 Illustration:会帆


会帆さんですよ。取引系カード2枚目ですよ。魔理沙とにとりの煩悩に忠実な表情が最高ですよ。以下略。
ま、そんなこんなで今回のお気に入りカード2枚目です。あれだ、将来的に会帆さんカードデッキが組めたら、その前にそこまでやり続けるのかねぇ?w

効果は2ドローし、手札を1枚切る、という効果です。単純ですが強い、ってレベルじゃないですよ!
ノードが2の時点で2枚ドロー出来るという面と、冥界に落とすことによって初めて役立つカードを能動的に手札から落とせるというカードが弱いわけがない。

特筆すべき点は先ほど述べたようなことですね。同じノード2帯である香霖堂とは使い分けという形になるでしょうか。
あちらがより深く掘ることにより手札を加えながら冥界を肥やすのに対し、こちらは手札アドを増やしながら冥界に必要パーツを落とす、ということより微妙に使い勝手が違うのです。

欠点はどうしても1枚手札を切らなければならないこと。それと干渉で運命のダークサイドをうたれると手札が3枚ハンデスになるのでそこらへんのデメリットを覚悟で使わなければならないくらいかな。まあそれはどのドローカードにも言えることですが………

使い分けは必要にしろ、弱くないカード。うにゅう、これは9弾朱鷺子をガン積みせざるおえない。
それじゃあ最後のコマンド2枚目ー。



[コマンドカード2枚目]
真実の光景
Nord(4)/Cost(1)
抵抗(3)
ターン終了時まで、〔全てのキャラクター〕が持つ自動効果を無効にする。
「この世界に住む者は誰しも心に闇を抱えて生きている」
No.873 Illustration:SHO


このカードも絵がすごく綺麗ですねー。ちなみに、小兎姫と同じ絵師様だったりします。
あと、すっごい深い意味がありそうな絵でもありますね。周囲を花に囲まれた世界の中、さとりの周りだけ荒れ果てた地面となっているあたりなどが特にです。

効果は場にいるキャラクターの自動効果を無効ですね。冥界やデッキに対して対象を取りませんが、場の自動効果に関してはメリット・デメリットともに消してくれるので、ある意味の場のキャンセルカードに近いかな。そのあとはただの効果なしキャラが残るだけですし。

特筆する点はどんな効果でもキャラクターに対しては自動効果を消すこと。これはプレイされたときに発動する効果に対しても有効です。なので、壱符紫など厄介な効果を持つキャラクターのプレイに干渉したらそれを止められるので優秀かな。

欠点はまあ、自分のメリット効果を消す可能性があることでしょうか。5弾の衣玖がいる場合、その場は影響を受けないのでそこら辺は構築次第かな。
あと、ノードが4であることもデメリットですねー。サラにプレイ自体を止められてしまってはどうしようもありませんので。

9弾朱鷺子のドロー禁止効果を消してドローを出来るようにしたり、小兎姫のプレイに干渉してそのまま場に残したり。あと一番便利そうなのは鰐の攻撃時にこれをうつことでデメリット効果が消えるんですよねー。代わりにドロー効果も消えますが。
色々、やれることが多そうなカードではあるのでこれからの環境次第によっては生きるかもしれませんね。


ここら辺で10弾カード考察は終了です。これから大会に出ていくのですが、10弾カードがどんな風に入ってくるか、楽しみですねー。

次回は新しく作ったチラシのことかなー。といっても今現在作ってる感じなんですけどねw
9月10日に大会だからそれまでに更新できればいいなぁ。

ということで、以上、新弾カードでデッキを大幅に改編中な朱鷺影でしたー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

朱鷺影蒼穹&ドラグノフ

Author:朱鷺影蒼穹&ドラグノフ
朱鷺影蒼穹です。うちがメインでこちらは書いてくのでよろしくお願いします。

ドラグノフでございます。個人のブログがリンクにありますので詳しくはそちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月時計-LunarDial-

携帯待ち受けFLASH作成所
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。