スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりの大会結果報告 ―船橋公認大会+千葉公認大会―

お久しぶりです、朱鷺影ですー。
やっとテストも終わり、夏休みになりました。年度前期はこれにて一段落、って感じかな。


テスト結果? ………受かってるといいねってのが幾つかという散々な結果でございますw
こりゃあ、後期、ガチにならんといけんなぁ。単位数足りなくて進級できなかったらシャレにならん。

まあ、それまでは短い青春を謳歌しますけどね~w
(そしてこれがダメになるフラグであるというのもわかってはいるw)


さて、今回の記事はここ3週間にあった大会の総合レポートですね。
4つ、溜まってますw テスト期間なのにそんなにやってるから(ry

そんなことなので、最新の以外は短く、勝敗+順位。最新のだけ詳しいレポートを書く感じにしますねー。

ということで詳しい内容は追記からー。
さて、それでは順を追って大会の解説を~。


まずは7月16日。船橋公認大会です。

使用したデッキは大会の直前、関東の強豪プレイヤーであるれがさんに助言を頂いて作った源泉アステロ十凶星ですねー。
もともとはぐるコン、VISIONのカードの中で全体除去という効果の分類のカードを詰め込んだコントロールと源泉、選択によって効果を選べる優秀なカードとの複合デッキでした。ただ、れがさん曰く、ぐるコンにアステロイドを含めるならばアステロイドベルトという1セットと源泉を組み合わせたほうがデッキ枠が空くとのことでしたので、素直にそうさせてもらいました。

大会参加人数は5人、なので多くて3回戦といったところでした。
総試合数としては2回。決勝時、引き分けが生じたためその時点で階段が崩れたのが原因ですね。

あ、ちなみに階段が崩れるとは。
5人対戦で1回戦を行った場合、不戦勝含め、3人が1勝になります。
次いで2回戦を行うのですが、その時、1勝同士の対決と1勝対1敗の対決になりますよね?
その2回戦で、1勝対1敗の対決の方、1敗の人が勝った場合、その時点で2回戦不戦勝の方含め、3人が1勝になります。
そうすると1勝同士の対決で勝った方が2勝となり、想定試合数より少ない試合数の時に1人だけ勝利数が多くなるということが起きます。これが階段が崩れる、ってことですねー。

ということで勝敗の方。
1回戦は勝ちでした。相手のデッキはプリズムリバーでしたね。
正直、デッキタイプとしては戦いたくないタイプの1つです。苦手意識はぬぐえないものですね。
ただ、上手いくらいに除去も兼ねたヤマメ(冥界のキャラ強奪効果を持ってます)と、そのスペルカードである樺黄小町(場のキャラクターを奪い、その戦闘力に変化する効果、つまり、除去兼アタッカー)が刺さってくれました。
2戦目はデッキ、冥界、除外ゾーンの山の大きさが同じになるくらい除外が刺さったので。上手く除外出来れば戦いやすい相手ではあります。

2回戦目は負け。先ほど言ったようにここで階段が崩れたので実質、決勝で負けたことになりますね。
相手はぬえキメラなどを含んだハイビートかな? 一応、白沢慧音などでコントロールはしていったのですが押し切られましたねぇ。ただ、戦い方としては間違ってはいなかったかな、という感じです。問題は攻撃するタイミングなど、細かいことの積み重ねが負けにつながりました。

ということで1勝1敗により、まあ、決勝卓ということもあって準優勝でした。PR神奈子はもらえましたねー。



次に、7月18日の千葉公認大会。使用デッキは上と同じです。

大会参加人数は10人。本来は3回戦、もしかしたら4回戦にいくかもしれない、という人数ですね
が、総試合数としては2回。………2ヶ所で引き分けるってどーいうこと。
ま、そういうこともあり、これも階段崩れによる低試合数での優勝者決定が起きました。

勝敗の方。
1回戦目は勝ち。相手は鬼っ子大好き、神鳴椿でしたー。………まあ、使用デッキは天子+カナメファンネルだったんですけどねーw
うーん、あまりファンネルもみなかったし、天子もすぐ樺黄小町で奪ってしまったので戦闘ダメージは軽微な感じでしたね。本来、爆発力で考えたら正直怖かったのですが、相手の方がなんだか噛み合ってない感じだったかな?

2回戦目は負け。はい、実はここも決勝卓でしたw 他のところが引き分けたせいで何故か急に決勝卓化。
相手はれがさんと同じ、地下勢所属のakamiさんですね。この方も全国大会上位に入った強豪プレイヤーです!
デッキタイプとしては源泉グッスタ、コントロール、って感じかな。
敗因はデッキの特性を知りつくしていなかったことが挙げられます。ミラーマッチに近いものになった場合は、いかにそのカードを知り、使いこなせているか、それが勝敗の分かれ目になりますからね。
ということで、ボッロボロでした。上手い段階で符の壱紫(プレイされて場に出たら相手キャラ1体除外)とかを出され、綺麗にボードアドを取られまくりましたからねー。

ということで1勝1敗、今回は引き分けも存在したため、5位とかだったかな? まあ、惜しい感じでしたね。


その次の大会は7月23日の船橋公認大会。使用デッキは上同様、源泉アステロ十凶星ですね。
参加人数7人、総試合数は3回でした。この時は引き分け起きず、素直に試合終わりましたよw

勝敗の方ですが1回戦勝ち、2回戦勝ち、3回戦負けでまたもや準優勝………むぅ。
まあ、それに関しては仕方がないところもありますね。源泉、ひいては【連結】というカード全般は元の素材を除外された場合、著しく弱くなります。よって、いかにそのカードを守るカードを引くかということが大事だったのですが。
まあ、決勝では相手に先に撃たれました。除外カード。しかも、2回戦、3回戦ともに。ここは相手のドロー運が勝ったので仕方がありませんね。

ということで2勝1敗、こちらは素直に準優勝でした。PR神奈子2枚目ゲット、したけどねぇ。
ちなみに1回戦2回戦ですが。しょーじき覚えてませんw なんで過去の記憶の方が鮮明に覚えてるんでしょうね。確かに印象的な試合ではあったのですが。

そして、ここまで書いて気付いたこと。意外と量多いですねw
ということで、今回は2つに分けてレポートを書きます。なので、後編にGO!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:朱鷺影蒼穹&ドラグノフ
朱鷺影蒼穹です。うちがメインでこちらは書いてくのでよろしくお願いします。

ドラグノフでございます。個人のブログがリンクにありますので詳しくはそちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月時計-LunarDial-

携帯待ち受けFLASH作成所
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。