スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回VISIONデッキレシピ公開

こんにちは、朱鷺影です。
今回は冬コミ前にどうしても一度作っておきたかったデッキがあったのでそのレシピを公開します~。

冬コミで出る新弾のカードにはどうやら妖精大戦争のカードが含まれるみたいです。つまり新規妖精カードがいくらか出る可能性がありそう………。
なのでその前に以前から考えていた、8弾環境の妖精デッキというものを作ってみようというのをやってみました~。

ということで、デッキ名 <立ち上がれ、光の三妖精!>。
デッキレシピ、解説は追記をどうぞ~。



では、まずデッキレシピ~。


キャラクターカード:18枚
枚数
2:No.003:大妖精
1:No.010:チルノ
3:No.013:ルナチャイルド
3:No.014:スターサファイア
3:No.015:サニーミルク
3:No.310:呪精
3:No.414:光の三妖精チーム

スペルカード:9枚
枚数
2:No.212:新史「新幻想史」
2:No.258:騒符「ノイズメランコリー」
3:No.441:表象「夢枕にご先祖総立ち」
2:No.607:熱符「ブレイクプロミネンス」

コマンドカード:23枚
枚数
3:No.075:マナの生成
2:No.078:黄泉の舟
2:No.083:作戦阻止
2:No.084:秘密結社
2:No.092:強引な取引
3:No.226:香霖堂
1:No.419:潜入作戦
3:No.462:是非曲直庁の威令
2:No.617:不意打ち
3:No.659:祟り神の薫陶


このデッキを作るにあたり、以前Skype杯で対戦したElmさんのデッキを参考にさせてもらっています。
Elmさんのデッキレシピは既にpixivの方で岩城比呂さんという方があげているのでそのページのリンクを~。→こちら
この方は自身のデッキだけでなく、さまざまな方のデッキを上げているのでとても参考になります。ですので、ぜひ見に行ってください!
Elmさんのデッキに関しては岩城さんとの大妖精についての討論のようなものもありますのでそのページもペタリ。→こちら


さて、このデッキですが。
ぶっちゃけ、案がちゃんとした形にまとまったのが今日です。デッキを組んでないし、回してないからどんな感じかもわからない!

なのでこのデッキについては自らが想定している回し方、ということについて書いていこうと思います。

まず、このデッキのコンセプトとして『光の三妖精チーム』を使いたいな~、ということがありました。

光の三妖精チームはサニー・スター・ルナの【連結】カードです。
【連結】、というのはまあ、遊戯王でいう融合みたいな感じで複数枚のカードを組み合わせたら強いカードが出るよ~、という効果なんですが。
実はこの【連結】、初期と最近の強さの差がかなり大きいのです。最近のはかなり強いのですが、初期のは結構癖があり使いづらいということがあります。このカードはその初期のカードの1枚です。

ただこのカード、妖精デッキを作るなら絶対に入れたい! と以前から思っていたのです。このカード、可愛いのに他の人が作る妖精デッキ、大体このカード入ってないんだもん!w

ということで、このカードをこのデッキでは様々な形で利用しようとしています。

まずはドローソース。『祟り神の薫陶』で手札に来ても困らなくしました。
『祟り神の薫陶』は手札から【連結】を持つカードを冥界に送り3ドロー、というものですが単体だと全く意味がないカードです。そこで、香霖堂などでそのキーとなるカードをサーチし積極的にドローにつなげる、という回し方が出来るようにしています。(例えば、薫陶だけがあるならチームをサーチって感じで)

次に打点UP。1枚だけ『チルノ』が入っているのですが、このチルノは手札から種族:妖精を持つキャラクターカードを冥界に送ることでその戦闘力分のパワーUPが出来る、というものです。実は光の三妖精チーム、妖精を持つキャラの中で最高戦闘力を持つのです。ということでチルノの攻撃力UPのために冥界に送るのが1つ。
もう一つは夢枕のための冥界の肥やしです。『表象「夢枕にご先祖総立ち」』は冥界にキャラクターカードが落ちてないと意味がないものです。なので積極的に利用し、夢枕を利用しやすくする、という意味があります。

最後は冥界にあるサニー、スター、ルナの再利用です。このチームの効果としてダメージを受けた場合に除外されているサニー、スター、ルナを場に出すことが出来ます。このキャラクターを出すために最低1枚ずつは除外されている状況になるので困った時は自分でこのチームに『不意打ち』を打ち、除外されていた3体を場に並べる、ということが出来るようにしました。

あとはよくある妖精デッキと同じ感じです。
比較的有名なものとして、<呪精総立ち>というものがあります。Elmさんのデッキが以前レポートでも書いたとおりこれにあたりますね。

このデッキもその流れを組んでいます。大妖精、ルナ、スターを『騒符「ノイズメランコリー」』『不意打ち』などで決死状態にし呪精を展開、一気に打点を与える、というのが戦略として考えられます。
また打点の低さを利用しての『熱符「ブレイクプロミネンス」』で相手の強いキャラクターを倒す、ということも行えます。ちなみにこれ、以前8GさんたちとElmさんのデッキについて話し合った時に出た案です。


まあ、デッキ解説はこれくらいかなー。

まだ回してないからわからないので何とも言えない、ってのが本音。だからとりあえずデッキを組んで対戦したいなー………。
あ、このデッキ、回したいって方がいらっしゃったらぜひぜひどうぞ! 正直、机上の空論なのでこれ、こうしたらいいんじゃないかな? ていうのを教えてくださるととても嬉しいです!

ということで、朱鷺影の新デッキ紹介でした~。そのうちデッキとして形にするぞー!


あ、今回のデッキ。実はドラグノフにも似たようなコンセプトで作ってもらっています。折角ダブル管理人なんてやってるんだから2人のデッキの作り方の違いとか見せたら面白いかなー、ということで。

ということで次回はきっとドラグノフの記事になると思います。とりあえず、冬コミの新弾についての討論は確定。
うちの方も冬休みで比較的時間があるので積極的にブログを上げていくのでお楽しみにー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:朱鷺影蒼穹&ドラグノフ
朱鷺影蒼穹です。うちがメインでこちらは書いてくのでよろしくお願いします。

ドラグノフでございます。個人のブログがリンクにありますので詳しくはそちらへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月時計-LunarDial-

携帯待ち受けFLASH作成所
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。